So-net無料ブログ作成
検索選択

超スーパーヒーロー大戦 [映画]

 小学校春休み♪とはいっても共稼ぎのため実質、学童通いのため春休みっていうわけでもない息子・・・。一つくらいは休みらしいイベントをと思い、2人で見てきました。
超大戦.JPG
 息子は楽しんだようですが、大人的にはやっぱりビミョ~(泣)我々世代にはドンピシャの「ゼビウス」のキャラが人間界に攻めてきた!黒幕は!?みたいなストーリーでした。
 これなら、スーパー戦隊なしでエグゼイドだけで成立するストーリーなんじゃないかと・・・。そして、いつものことですが登場する過去ライダー&戦隊のチョイスや扱いも雑(泣)敵も黒十字王とか地獄大使とかいるものの、雑魚の一部みたいだし・・・。極めつけは仮面戦隊ゴライダー(怒)1号ライダーもゴレンジャーもここまで恥ずかしめられなきゃ成立しないシリーズ映画ってなんなんだと思ってしまいました(泣)
 いい加減「ヒーロー大戦」はやめた方がいいと思い続けて、何年たつんだろう・・・。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

メイズランナー [映画]

 一人の気を失った少年が上昇するエレベーター内で意識を戻すところからストーリーが始まります。目覚めた少年を迎えたのは、原野で共同生活を営む少年たち。その原野は周囲を高い塀で囲まれており、その外は広大な迷路になっている。その迷路には正体不明の何者かが住んでおり・・・というお話。
 意味不明のシチュエーション、少年グループの人間模様、迷路の謎などすっかり引き込まれて見てしまいました♪迷路に住む謎の生物が僕的にはイマイチでしたが、最後に分かった時代設定ならしょうがないかと納得。迷路の冒険が、謎の生物との追いかけっこがメインで、迷路自体にあまり謎解き要素やトラップがないのも物足りなかったかな。
 少年グループの数人は生きて迷路を脱出できたのですが、どうやら話は完結せず、まだ続くようです。3も製作途中なんですかね。時間があるときに2を見てみようと思いますが、グダグダになっていく雰囲気がプンプンしてるのが心配です。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

仮面ライダー4号 [映画]

 スーパーヒーロー大戦GP・仮面ライダー3号の続きです。スーパーヒーローGPで無念の死を遂げた仮面ライダーマッハでしたが、本作の舞台ではなぜか生きています。ただ、ショッカーが現れる度、仲間が死に、また同じ日を繰り返す・・・。その繰り返しの中、ショッカーはどんどん強力になり、仮面ライダー4号もショッカーが完成させてしまう・・・。どうする?ドライブ!というお話でした。
 タイトルは4号ライダーですが、3号の時のように何か感じさせるキャラでもなく、ただの強い怪人として仮面ライダー4号が出るだけです。結局はファイズのサブ・ストーリーでした。そのファイズの物語は切ないものがありましたが・・・。
 でも、中途半端感は否めない作品でした(泣)4号の描き方も中途半端、飛行機に乗るライダーの設定も全く生かされてない、なんでかショッカーに数名のサブ・ライダーが出てるのも意味なし。3号でマッハ殺してまで、作ることなかったんじゃないかな~。マッハが死んで悲しんだチビッ子は多数だったのでは?私はショックでした(泣)
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

仮面ライダー 平成ジェネレーションズ [映画]

 息子と観てきました。仮面ライダー平成ジェネレーションズ/Dr.パックマンVSエグゼイド&ゴーストです。タイトル長いですね・・・。そしてタイトルとこのチラシ。
平成ジェネ.JPG
 海外の映画で「ピクセル」ってあったけど、パクリ・・・?と大して期待もせず劇場入りしたのですが、まずまず面白く観れた気がします。敵キャラの女の子のアクションがカッコよくて、往年のカンフー映画を観てる感覚でもありました♪戦いのシーンは本当に見ごたえがあったと思います。
 そして、今回はウィザード以降のライダー達が共闘するわけですが、そろっての変身シーンもカッコよかったな~。でも、鎧武だけ変身前のキャストの佐野岳さんが出演しておらず、4人が変身し終わったところへ、鎧武が一歩踏み出て並ぶ感じの不自然極まりない部分はありましたが・・・。佐野さん、仮面ライダーはNGなのかな・・・?ベルトさん復活前の進之介の「変身できなくても仮面ライダーで警察官だ!」みたいなセリフもしびれました!最後のバトルシーンではそれぞれのライダーの主題歌も流れ盛り上げてくれました。私はエクゼイドは仮面ライダーとはどうにも思えないので、1度もカッコいいと思うことなくほぼスルーしてましたが(笑)
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ローグワン [映画]

 一昨日、奥様と子供たちを奥様の実家へ送り届け一泊し、僕だけ自分の実家へ。せっかく一人の時間ができたので、ローグワンを見てきました♪
ローグワン.JPG
 エピソード3と4の間のお話です。デススターの開発にかかわった科学者を父に持つ少女と反乱軍がデススターの設計図を手に入れるまでの冒険です。エピソード7が僕的にはややガッカリだったので、本作も期待薄で見たのですが・・・。
 予想以上に面白かったです。デススター制作の裏にあった人間模様がなかなか良く描かれていたような気がします。登場キャラも個性的だったと思います。(僕はチアルートがすごく好きでした)。ライトセイバーやダースベイダーなどは最低限の登場で、普通の人たちの攻防がメインでもしっかりスターウォーズでした♪ストーリーの根幹にデススターが位置づけられているのが良かったんでしょうね。
 ドキドキ痛快な部分もありつつ、全体的に切ない雰囲気が漂い、切なさを保ったまま席を立ちました。シリーズの中でも僕の中ではかなり上に位置した作品になりました。新しい視点でエピソード4を見れそうです♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キャプテン・スーパーマーケット [映画]

 死霊のはらわたの第3弾ですね。2作目のラストでアッシュは中世?にタイムスリップさせられてしまいましたが、その続きです。
 天からの使者と勘違いされたものの、死者の書を手に入れることで元の時代に戻る方法も分かると賢者から教えられ、死者の書を手に入れる旅に出るアッシュ。苦難を乗り越え死者の書を手にするも、大事な呪文を唱えることを適当にやってしまい、死者の軍隊が蘇る・・・というあらすじでした。
 古い映画ですから、CGも特殊メイクもチープと言えばそうなんですが、そこもカバーする楽しさのある映画でした♪ホラーというよりコメディ?でしょうか。アッシュの分身たちとのやりとりなんかは笑うしかないんです♪キャプテンスーパーマーケット2もあるのでしょうか。
 あるなら見てみたいです(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ファインディング・ドリー [映画]

 ファインディング・ニモの物忘れがひどい魚ドリーが主人公です。ふとしたことで自分の家族の記憶がよみがえり、両親を探す冒険にニモ親子と出発します。でも肝心のドリーの物忘れは相変わらずで冒険は簡単に進みません。ニモ親子と離れ離れになったドリーには新しいタコの相棒ができ協力して冒険を進めていく・・・という流れです。
 子供と楽しむにはいいですが、大人の映画鑑賞には少し物足りないかも・・・。ドリー達が次々と試練に巻き込まれるもなんだか単調というか盛り上がりに欠けるというか・・・。そのせいか、90分という短い上映時間に反して、なんか長く感じてしまいました(泣)
 ニモのほうが面白かったかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アーロと少年 [映画]

 巨大隕石の衝突がなく、恐竜が生き続けている世界が舞台です。しかも恐竜が言葉を話し、畑を作るなど文明を持っています。とある恐竜夫婦に誕生した子供のアーロはとっても気の弱い男の子。自分たちの食料を盗みに来た人間逃がしてあげたばかりに、不慮の事故で父親恐竜は命を落としてしまいます。再び少年と出会ったアーロは怒りをぶつけ、追いかけ始めるもうっかり少年ともども川に転落して全く知らない場所に流れ着きます。アーロと少年は次第に友情を深め、アーロの家を目指し冒険を始める・・・というストーリーでした。
 言葉を話さない人間の少年と言葉を話すアーロが次第に心を通わせていく過程、強くなっていくアーロの成長、家族に対してのアーロと少年の想い等、胸を打つ要素がたくさんあり、家族4人で楽しく鑑賞できました。
 映画も面白かったのですが、それを見ている子供たちの表情がまた豊か!ドキドキや悲しみ、悪い奴に対しての怒り、面白い場面での笑顔・・・、アーロと一緒に映画の世界に飛び込んでいるのが分かりました。お兄ちゃんの方はエンディングの切ない場面の意味もきちんと分かり、泣きそうになったと言ってました。ちゃんと映画を楽しめるようになったんだな~と子供の成長も見れた90分でした。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ゾンビランド [映画]

 Huluで鑑賞しました。オーソドックスなゾンビものです。ダメ映画の香りがプンプンするな~と思いながら、見始めるもポイント抑えていて面白かったです。突然のゾンビ病の流行、物資を調達しながら安全な地を目指す、人間同士の裏切り、仲間とのであい、ゾンビとの戦いと本当にオーソドックスなストーリーです。主人公の男の子が決して強くなく、勇気を振り絞って戦う様や途中で出会うゾンビハンターの男性とのやり取りなんかで感情移入できました。
 オマケ要素ですが、ビル・マーレー(ゴーストバスターズのとぼけた博士を演じた方)が、ハリウッドで生き残っている本人役で出演しており、個人的にかなり盛り上がってしまいました♪最期の迎え方も、期待を裏切らずGOODでした(笑)
 ゾンビと言えば、バイオハザードの映画もゲームも新作が目前ですね♪そちらも楽しみです!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キャリー [映画]

 昔のではなく、リバイバルの方を見てみました。学校生活は、いじめ地獄、家庭も母親が狂信的で価値観の押し付けや虐待が日常的の本当に気の毒な内気な女の子キャリーが主人公。いじめられてばかりのキャリーにも陰ながら味方になってくれるクラスメートもできたものの、いじめグループのリーダー的女の子は、憎しみを募らせます。一方で、キャリーはふとしたことから自分が超能力を持っていることに気が付き、自我も発揮していく。学校の人気者の男の子とプロムパーティーに行くと、いじめっ子グループの陰湿な罠にはめられ、怒り狂ったキャリーは自分の特別な力を暴走させてしまう・・。
 キャリーを演じたのは、クロエ・グレース・モレッツさん♪クリクリッとしたかわいらしい目は、いじめられっ子のキャリーの時はなんともいじらしく、可哀想で仕方なくなるんですが・・・。怒りを爆発させる最後の方は、そのクリクリッとした目がイッちゃっていて何とも怖い(泣)能力でいじめっ子たちをバッタバッタとやっつけるスプラッタ描写より、キャリーの表情が怖くて、目が離せませんでした。
 ストーリー自体はオリジナルの方も見ていたので分かってはいましたが、それでも結構楽しめましたよ!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画